その5

 あれから一ヶ月が経ちました。
 外殻大地も魔界もなくなって同じ大地になり、預言もなくなりました。世界が変わりはじめたばっかです。

 そんな中、昔とは違う理由でルークは引きこもり。
 だって、もう自分はレプリカだって知ってるから。
 周りも自分がレプリカだって知ってるから。
 ガイも故郷に帰っちゃって、ルークは一人ぼっち。(ミュウはいるけど)
 アッシュの居場所を奪ってしまってる自分に罪悪感を覚えつつも、まだ7歳の子供だから一人で外に出て行くのも、どうすればいいかわからない。
 そんな悶々とした暮らしの中、レプリカとわかっててもルークを心配してくれるお母さんが、皆に会ってこいと送り出してくれた。
 いい母だ…

 ちょうど、お父さんからプラネットストームの動きとか、アブソーブゲートに何者かが侵入したらしいとか不穏な噂を聞いたばっかだったので、それを調べがてら出かけるか!

 アルビオールを借りにシェリダンへ向かう船の中で、かつての仲間たちから届いてた手紙でも読もうか。
 3通来てたのを、親父が握りつぶしてたらしい…ひでえ。
 まず、ユリアシティにいるティアから。
 ……報告書でした。
 手紙の書き方がわからないからって言い訳がかわいかったけど、ある意味ティアらしい。w
 ガイからは、グランコクマでピオニー陛下にこき使われてる日常を伺わせる手紙が。
 いいなあマルクト!皇帝といい軍人といい貴族といい…最高だ!!
 アニスは無事にイオンのおつきに復職できて、ダアトでイオンと元気にしてるとか。

 さて、アルビオールを借りて…とアストンじいちゃんに話を聞くと、3号機をアッシュが借りてったらしい。
 おおお、いきなり一番気にかかる人の名前が!!
 彼はユリアシティに向かったらしいと聞いて、ティアもいることだし早速出かけました。
 結局アッシュとは入れ違いになっちゃったけど、ヴァン先生のお墓参りもして、ティアに久しぶりに会いました。
 ふふふ、なんか二人とも微妙なぎこちなさが良い感じですな♪
 ティアはダアトに届ける報告書もあるし、ルークにつきあって一緒に来てくれるって。やったあ。
 二人でダアトに行くと、入った早々アニスを詐欺現行犯で逮捕…はしませんでした。
 規則で許されてない場所でお布施をもらっちゃったんだよな。
 阿呆な親のせいで借金まみれになって、なんとか稼ごうとしてるらしいけど…ちょっと不穏な空気が見え隠れ。
 イオンにも会うと、元気にしてた。
 やっぱダアト式譜術を使わないと大丈夫みたい。よかったよかった。

 元気な顔も見たし退出するか、というところでばったり会ったのはガイ!
 今やマルクトの貴族のガイラルディア様は、貴族院を代表してイオンに報告に来たらしいです。
 その報告とは、グランコクマの牢から脱獄したディストが、査問会にかけるために護送してたモースをさらってったということ。しかもその脱獄に気づいた理由が、アッシュがグランコクマに来て、六神将に気をつけるよう言ってくれたかららしい。
 …でも、脱獄は避けられなかったのね。

 どうやら一ヶ月前、ルークと同じようにローレライ通信をもらったアッシュは、ルークには理解できなかった意味がわかって動いてるらしい。
 セントビナーに行くって言ってたって聞いて、とにかく事情を聞くためにセントビナーへ行ってみることに。

 え?アニスも来るの?イオンは行かないのに?
 なんか怪しいが、まあいいだろう。
 セントビナーで、マクガヴァンじいちゃんにアッシュと間違えられた。
 どうやらアッシュは、いつの間に髪が伸びたのかと聞いたじいちゃんに「髪が伸びるのが早い」とか言い訳をした模様。
 なんだその無理すぎる言い訳。w
 内心焦りながら言い訳してるアッシュ、かわいすぎ。
 同じ顔でも長髪と短髪は別人ですと納得させたが、双子と勝手に思われた。
 アッシュにはいい迷惑かもしれないが、こっちは悪い気はしないなあ。
 だってアッシュ、出来の悪い弟にやきもきしてるにいちゃんだもんね。

 じいちゃんから、アッシュがシュレーの丘にいると聞いてやってきました。
 あれ?再編成のために全員待機中の神託の盾の死体が転がってる?
 なんかいやな予感…
 奥へ走ると、アッシュともう一人…リ、リグレット!?
 ぎゃーゾンビ!!
 …でも幽霊でもなくて、きちんと美しいあんよがありました。
 あんた雪崩に飲まれて死んだはずじゃ!?
 リグレットに対して、それはもう息もぴったりの同時攻撃を食らわせるファブレ兄弟。
 なんと雪崩をくらったあのとき、アリエッタの魔物が助けてくれたんだって。だからラルゴもアリエッタも無事ってこった。
 なんかほっとした…ラルゴやリグレットみたいな大人はいいけど、真相を知らず利用された子供のアリエッタまで死ぬのはかわいそうだったからね。
 え?さらにシンクどころかヴァンまでも生きてる!?
 ええ!?
 地核に落ちても死なないんですか!?

 なんてこった…(;゚Д゚)
 ヴァンの計画は全然終わってなかったよ!

 しかも、アッシュにはちゃんと意味が通じてたローレライ通信によると、ローレライはどこかに閉じ込められてるんだと。
 そのために鍵を送ったんだって。
 その鍵はアッシュはちゃんと持ってるらしいけど、ルークには…ないよ?あれ?
 おまけにローレライの言葉の中に出てきて、ルークが意味がわからなくてスルーしてた「栄光を掴む者」は、ヴァンの名前の意味でもあるそうな。
 うぎゃー!お勉強してなかったから知らなかったー!!
 てことはヴァンも生きてる…!!

 アッシュとルークの受信度の差は、アッシュの音素化が進んでるせい…とかまた不穏なことを言ってるよ!
 アッシュどうかなっちゃいやー!!
 一人で地核目指さないで、一緒にいてほしいのに…また一人、どっか行っちゃった。

 もしかして怪我の治療のためにセントビナーに戻ってるかな?とやってきてみれば、そこはさっきと一変してものものしい雰囲気に。
 あれ?そこにいるのはジェイドじゃないのさ。お久しぶり。
 なんでも、マルクト軍が襲われたんだそうな。で、怪我人の処置のためにここに来たらしい。
 しかも襲われたのはあのフリングス少将率いる部隊で、そのフリングスも重傷らしい!
 えー!!
 かつて世話になった人だし、ルークもジェイドと一緒にグランコクマへダッシュ!

 …フリングスくんは…虫の息でした。
 ああフリングス!
 サブイベントがあったらしいのに一周目では思い切り見逃したフリングス!
 なんとなくラジアータのジーンに似てる無駄に男前なフリングス!
 どうしてもプリングルスと呼びそうになるフリングス!
 ナルニア国映画化より前に散るかフリングス!
 てなわけで、お亡くなりに。_| ̄|●|||

 プリングルスフリングス最期の報告によると、敵はキムラスカ軍を装った謎の部隊だったらしい。
 それも死人のように虚ろな目の…
 なんだかいやな予感。それって、レプリカ…?
 とにかくこのことをキムラスカにも確認しなきゃ。
 ああ、こんなときナタリアがいれば便利なのになあ…って、いたよ。
 お城の前であっさり合流し、キムラスカ王に現状を報告&確認。
 せっかくひと段落したと思ったのに、また大きな波乱がありそうよ。
 だけどその前にやらなくちゃいけないことがあるの!

 それは…ピオニー陛下のブウサギ探し!!
 今のタイミングならできるはずだ!!
 陛下のかわいがる、ジェイド、ネフリー、ゲルダ、アスラン、サフィール…なんつーネーミングだ。
 ルークは部屋でいい子にしてたのね。w
 そいつらをとっ捕まえて返し、スパの会員証をもらった!これで早速ケテルブルクに行って…

  み ず ぎ ー ! ! ! 

 …7歳児はセンスも微妙。タオルは無理矢理使わなくてもいいのよルーク…。でもアッシュが着ても、同じことをすると信じている。
 アニスはまあ、お子様らしく。
 ガイは惜しげもなく肉体美をさらけ出してかっちょええ!ぜひ救助してください。でもって人工呼吸を…!!(*´∀`*)
 ナタリアすごいっすなー。胸小さめでもその露出っぷりはさすがだ。
 ジェイド…一番着込んでるくせに、何そのエロさ!!走るとブーメランがちら見するし!恐ろしいおっさん…
 ティアは…あれ?レンタル水着?ピオニー陛下の選んだ水着がすごすぎて着られなかったって…どんなんじゃー!!!w
 きっとほら、いよなちゃんが臨海学校で無理矢理ママに持たされた紐水着みたいなんだよ!(知らんわ
 ちくしょー着ろよティアー!!!

 でもまあ、スパは気持ちよかったよ。だからもう一回入ろうね。
 女アレルギーだけど女好きを公言するガイは、格好のいじられキャラです。
 ジェイドとルークの陰謀により、女の子たちがいる湯船の中に蹴落とされたからたいへん。
 なんでそこで狙いすましたようにティアとナタリアのチチを掴むのだおまえはステキ!!!( ´∀`)σ)´д`)
 さらにしっかりサイズ評までしとるよこのスケベ大魔王…!気持ちよかったかい?
 女アレルギーがなければ、恐怖のモテモテマシーンだったよあんた。

 ついでに水着を着て戦闘すると、全員のスキットが。
 うふふ…皆、神ならぬプレイヤーの魔手に踊らされるがいい!

 さあ、次はガイの衣装じゃ!
 まずは捻挫した女の子をおんぶしてみる。
 おおお、背中から触られて恐慌状態に陥ってたガイが、女の子をおぶってるよ!
 やりおった…!!(アニス?
 そうやって克服していくのだ!
 なんつってるうちに、女アレルギー克服のために、何故かケセドニアの酒場でバイトをする羽目に。
 案の定、女の客に囲まれておもちゃにされてます…ぷ。
 そして戦うバーテンは…
  か っ こ よ す ぎ ! !
 いっやー何それ惚れるーーーーー!!!!
 その腰から尻にかけてのラインとかもう…鼻血噴きそう…!
 ひさしぶりに自宅へ戻ったら、母上が倒れてました。
 慌てて見舞うと、どうやら薬が切れてしまっている模様。なら買ってくるよ!と息巻いたものの、貴族様のお薬は特別製。その辺で売ってるものではありませなんだ。
 しかもその材料のルグニカ紅テングダケはセントビナー辺りにあったんだけど、崩落騒ぎのせいでなくなってしまって医者も困ってるんだと…
 どうしよう、ファブレ家の財力とルークたちの機動力があればなんとかなると思ったのに…!
 そんなとき、ルグニカ紅テングダケが生えてる場所を知っていると言ったのは、ミュウでした。
 なにー!どこにあるんじゃー!!
 チーグルの森の近くの川を遡った先にキノコロードって場所があるんだそうだ。
 そういや、チーグルってキノコ好物だったんだっけな。忘れてた。

 たまにゃ役に立つじゃんブタザル!
 てなわけで急いでキノコロードを目指すと、そこにはアッシュがいました。
 あれ?何やってんの?あ、そうか、母上のためですね。
 素直に母上のためだと認められないアッシュは一人で探す気満々だったのに、なんでだかジェイドたちに勝手に話を進められ、置いてけぼりのアッシュがかわいい。
 一人は万が一の連絡役に残ろうということで、アッシュと通信できて戦闘スタイルがかぶってるルークが自ら残ることに決めました。
 アッシュに親孝行させたげるのね、ふふ。

 あれよあれよという間に巻き込まれ、気がついたら皆と一緒に行動する羽目になったアッシュ…
 ルグニカ紅テングダケについての説明も、あんたボケすぎです。
 ルグニカオオ紅テングダケは毒があるから気をつけろって注意してくれるのはいいが、ルグニカ紅テングダケとどう違うの?ってナタリアの質問に、「毒がある」って…
  答 え に な っ て ね え !
 しかも何故かそのとばっちりはガイに…
 アッシュの中で、ナタリアは絶対正義なんですな。w
 つか、眉間にしわ寄せてボケまくるアッシュ…ステキ。

 久しぶりのアッシュは、水着とバーテンとメイドに囲まれて一人浮いてました。
 普通のかっこしてるはずなのに…
 陛下、アッシュにも水着とタオルください。

 なんだかんだ言いながら、無事にルグニカ紅テングダケげっと。
 残ったルグニカ紅テングダケを調べると、「ムクムクと…まさかな…」って、何が!?w

 素直じゃないアッシュは、ルグニカ紅テングダケをルークにわたすとまたどっかへ行ってしまいました。
 でもこれを採ったのはアッシュだって、ちゃんと母上には伝えたよ。だからいつか、帰ってきてね。

 …ところで。
 いつどこで母上が倒れたことを知ったんですか!?
 うっかり本来の目的を忘れるところでした。
 放置されてたダアトに入ると、いきなりティアが倒れちゃった!
 なんで!?だってもう瘴気は出てないんだし…。とにかくイオンの部屋で休ませてもらうことに。…すぐ隣に宿屋があったんだけど…、まあいいや。
 でもティアが倒れた原因はすぐにわかった。なんと、封じ込めたはずの瘴気が復活してるじゃないの!
 その騒ぎで、何故かアニスがイオンを連れてどっかへ行っちゃった。

 まずは外の様子を見に行こうとしたところで、リグレットの待ち伏せを受けたものの、助けてくれたのはアリエッタ。本当に無事だったのね。
 アリエッタ曰く、モースはイオンに惑星預言を読ませようとしてて、アニスはザレッホのセフィロトにイオンを連れてったらしい。
 惑星預言を読むのはものすごい負荷が掛かるらしくて、体の弱いイオンがそんなことしたら、死んじゃう!
 それでイオン命のアリエッタは助けに来てくれたわけだ。
 なるほどやっぱりそういうことか。
 ザレッホ抜け道まで追いかけてくと、アニスとイオン、モースがいた。
 アニスは自分が最初からモースのスパイだったと告げて、何かを投げつけて走っていった。下を向いたまま…

 教会内のワープゲートは閉じられちゃったので別のルートからザレッホに向かおうと街の外に走ると、なんと死んだはずのイエモンや、ガイのお姉さんが襲ってきた!
 レプリカ!?
 ヴァンの計画が進んでる…!!
 でもレプリカだとわかってても、退けることができない!
 それをティアが眠らせることでなんとかしてくれたけど、あんまり大勢を一度に眠らせたから、倒れちゃった。ただでさえ弱ってるのに、余計な力を使わせてごめん…
 とか言いつつ、最初にファブレ邸を襲撃したときや、バチカル城での脱出行のときの方が大勢眠らせてた気がするんだが、まあいいか。
 さてどうしよう。
 そういやさっき投げつけられたのは何?
 お、手紙つきだ。なになに…
 セフィロトへは、ザレッホの火口からも行けるんだ、ふーん。

 せっかくくれた情報をもとに、火口に飛び込んでみました。
 相変わらず暑いです。
 そりゃそうだ、まわりに溶岩がたぎってるどころか、噴き上げてるっつーの。タオラーだって暑くてかないません。
 それなのに一人涼しげな大佐をやっかみ、危うくよってたかってその服をひん剥きそうに…(;゚Д゚)
 いや私は30代後半のおっさんのストリップは全然おっけーっすよ!?クリフは見たくねーけどジェイドなら熱烈歓迎!!「脱ーぐーでーすーのー!」o´∀`)=○)゜∀゜)

 …気を取り直して邪魔をする火の玉を吐くドラゴンを溶岩の中へ蹴落とし、最深部へたどり着くと…
 ぎゃーたいへん!イオンが惑星預言を…!!
 読まないでー!!

 ルークが飛びついてイオンを引き剥がすも、一歩遅く…
 イオンは最後の道しるべとして預言をルークに残し、第七音素の引かれ合う性質を利用して、ティアの汚染された第七音素を自分の中に取り込んで乖離して…
 消えてしまった。

 うわあああああああああああああああああ!!!
 イオンが…イオンが…!!
 遺体も遺らず…
 アニスの拳が…震えてる…
 だって、アニスのせいだから…大好きなイオン様が死んじゃったのは…
 駆け寄ることもできずに、震えてる…
 水着で。_| ̄|●|||

 案の定捕まっていたアニスの両親を助けて、ひとまずダアトへ戻った。
 リグレットを退けたものの怪我をしてしまったアリエッタに、イオン様を殺したと決闘を申し込まれ、甘んじて受けるアニス…
 それにしても、アニスの両親は何をやっている。
 自分らの愚かさから娘に苦労をかけ、あまつさえ地獄のような思いをさせたというのに。
 ルークたちにお任せしますとかほざいて、何をやっているんだおまえらは。アニスに大好きだと言ってもらえる親たる資格はない、おまえらには。

 自分のせいで人を死なせちゃった気持ちは、ルークはわかるから。でもアニスは最初から自分で責任を背負ったね。辛かったね。
 アリエッタが好きだったイオンも、アニスが好きだったイオンも、死んじゃった。
 イオン…たった2年しか生きられなかったイオン…

 モースは許さない。
 アニスを利用して、イオンを使い捨ての道具扱いして…
 本当は預言に従うことはいやなんだけど、イオンが最期に残してくれた道だから。
 ベルケンドに行こう。
 ちなみにここに至る前に、母に思い切りイオンの死をネタバレされました…マジ勘弁してください…orz
 イオンの遺言を尊重してっつーか他にヒントもないのでベルケンドに来てみた。
 スピノザに話を聞くと、アッシュがロニール雪山に行ったことが判明。いいかげん、ちゃんと話を聞かないとなあってことで、ロニール山へ…
 行かなきゃいけないはずだったのだが。
 いや、行ったには行った。
 ただし、南口から。
 そしてアルビオールの性能が強化され、これで竜巻やら霧やらに阻まれてた場所にも行けるぜきゃっほう!

 ついでにやりたいこといっぱいあるから、それもやっちゃおうっと。
 じわじわネビリムイベントの準備もはじめて…  そんなイベントの中で、サフィールは子供の頃、ジェイドの下僕だったことが判明…がんばれサフィール…
 ん?聖剣はマルクトにあるの?じゃあピオニー陛下に頼んでみよう。
 て、部屋に無造作に転がってました…いいのかそこまで片付けられない男っぷりで…
 しかしそれを拝借するにあたって、問題が。
 女性陣の「おねだり」が必須らしい。
 ……陛下GJ!
 でもナタリア曰く、それじゃセクハラだと。
 そりゃそーだよなーと思ったら、じゃあ野郎どももやれ、とさらなるGJ!!
 普通に頼むルーク、丁寧なガイ、ぶりぶりアニス、すっげーいやそうなナタリア、初々しいティア…
 で、最後はジェイド。
 「へーいかv」
 が。
 ジェイドのおねだりはキモイからいやだと断固拒否しやがった陛下…
 うおおおおいいじゃん見せてよジェイドのおねだり!とっておきのおねだり、きっと夢見てうなされるよ!!
 しかもリゾートキングだぜ!!w
 結局ジェイドのおねだりは見られないまま、聖剣は手に入ってしまいました…喜んでいいのかなんなのか。

 そういや魔剣はルークのだったけど、今度の聖剣てのはルークのじゃない?てことは…ガイー!!!
 うぎゃー!聖剣持ったガイ(憩いの配膳者)…想像するだけで鼻血噴きそう!
 攻撃力はからきしだけど、光の剣という響きが…それが、ガイ…!
 むしろ光がルークで闇がガイだと思ってたのに、違うのね!!

 変なところでハアハアしながら、マクガヴァンじいちゃんに次の武器の話を聞きに行った。
 息子が管理してるってんでそっちに行ってみると、くれてもいいけど、と交換条件を出された。
 まあそんな簡単にはいかないよな、で、なに?

 …またブウサギ探しでした。orz
 陛下から拝領したブウサギ(そんなもんくれるな)をうっかり逃がしちまったので、探してほしいんだと。
 しかも町の外ときたもんだ。うげーめんどくせー。
 仕方ないからセントビナーから出て、アルビオール発進…したすぐ真下にいたよピンクの塊。影になって見えんかった。
 てなわけで、あっという間に捕まえて聖槍げっと。

 まあ今のところできるのはこれくらいなので、次いってみよう。
 そう、今度はお待ちかね、ナム孤島ですよ!!

 ナム孤島は…その名のとおりの場所でした。
 どっかで見たものがいっぱいだ!
 でもって漆黒の翼が何故できたのか、ここはなんなのかも判明。
 そうか、ここもホドの事件が発端か…
 ちなみに漆黒の翼の部屋で天井からたらいが落ちてくるんだけど、ここでジェイドの頭に落としまくって遊んでしまった…リアクションが欲しかったなあ。
 さらにスポットライトの下に入るとポーズをとりまくる場所があり、そこでも全員ポーズとりまくり。
 アッシュも連れてきたいなあ…(*´∀`*)

 お、こいつが噂のうしにんですね!?かわいいじゃねーか!
 弟を探してるっていうんで、勢いで探すことに…ティアのかわいいものメロはもうばれてますな。
 脱走弟と、さらにそれを探して迷子になってる弟を探してる間に、なんでだか誘拐事件に巻き込まれ、その際ナタリアが正体を明かさないために犯人に名乗ったのは「マルクトの星」。
 ……えーと…
 仲間も犯人も固まってました。
 何はともあれ無事に連れ帰ると、三兄弟がお礼をくれましたよ。
 なになに…お、ナタリアの衣装!?
 その名も「マルクトの星」!!
 なんでも、そういう本があってナタリアは変装をお手の物とする美女怪盗に憧れてたんだと。
 だからその衣装と称号で大喜びしてるよ…
 しかしこれ、また胸元の開きっぷりがすごい!
 胸元どころか腹まで開いてるよ!!
 水着に続いてこれじゃ、アッシュが失血死しますよ!

 ちなみに本の女怪盗はばいんばいんだそうで、ティアのほうが似合うんじゃないかとうっかり口を滑らせたルーク…もうティアのチチ大好きだろおまえ。
 そして怪盗になったナタリアは、ちゃんとスポットライトの下でポーズとってきましたよ。

 ん?牛長男がさらになんか言ってるよ?
 巨大魚の骨がほしい?んー、貴重品だけどあげよう。
 すると何やら鍵をくれました。
 そして今度は…
 ドラゴンバスターきたー!!
 うぎゃー何これ!!8面ボス強えよ!!
 …全然無理です。
 もっと強い武器とか火とか超振動とかたんまり拾っていかないと…
 これのクリアは今は諦めて、アッシュがサフィールの二の舞にならないうちにロニール雪山行くか。
 今度こそロニールに行くと、かつて雪崩に巻き込まれた場所で、ロケットペンダントを拾いました。
 その中には、金髪の赤ちゃんの絵…
 誕生日はナタリアと同じってことは…?
 ルークはこっそり隠しました。若干胡散臭かったけどな。

 そういや山を登ってる途中で漆黒の翼に会ったんだが、彼らの話からアッシュの脳内を何が占めてるか判明。

 6割ナタリア3割ルーク1割ヴァン

 ……。
 漆黒の翼に何話しとるんだおまえ。
 ナタリアののろけ話かそうなのか!?
 ほんとにもう、アッシュってばナタリア大好きすぎ…!

 アッシュは外で待ってたわけじゃないので、凍って倒れて担ぎ込まれたりはしてませんでした。
 もしアッシュが倒れたりしてたら、やっぱナタリアの夢見てたんだろうな…
 「待って〜ナタリア〜…」なんて言ってたりしたら…
 ぐあ、見たかった…!!

 アッシュはローレライの宝珠を探してるんだって。
 ちゃんと聞こえてたローレライ通信の内容によると、ローレライは地核じゃなくて本当は他の音素みたいに空高く音譜帯に行きたいんだと。
 それにはローレライの鍵が必要だし、それに何と今はヴァンの中に取り込まれちゃったんだって。
 そうか、じゃあヴァンを捕まえて空高く放り投げればいいんだな!てわけにはいかない。
 ローレライの鍵も、そろってない。
 それに必要な剣はアッシュが持ってるけど、それに宝珠をはめないと鍵として使えないらしい。
 で、本当は宝珠をルークが受け取ってるはずだったんだけど…取り損ないましたごめんなさい。orz
 アッシュは代わりにその宝珠を探してるんだと。ご、ごめんよう…
 一緒に探そうって言っても、例によって怒って一人で行っちゃうアッシュ。
 ルークがあんまり自分をレプリカレプリカ言ってるから、アッシュも怒っちゃってるし…難しいねえ。
 まあ、なんかあったら連絡はしてくれるって言うからさ。
 そっちは任せて、禁止された預言を詠んでるらしいっていう噂の旅の譜術士を探しに行こう。

 てなわけでバチカルに来たんだが、なんとそこにモースが!!
 イオンの仇だぶっ殺す!と思って追い詰めたんだが、モースは力を得るためにディストによって第七音素を体内に注ぎ込まれて…もともと素質がなかったせいで、暴走。
 まるで魔人ブウみてーな異形になってしまった!!
 体内に音素を取り込む技術も、お子様ジェイドが開発したらしい。
 ジェイド、恐ろしい子…!

 魔人ブウはエルドラントとやらへ飛んでっちゃったので、しばし放置。
 さて、譜術士を探しに…てとこで、ルークが王様に会いに行くって言い出した。
 前に拾ったペンダントのことで聞きたいんだけど、それにはナタリアがいるとまずいよなあ…
 ルークがドへたな嘘ついてしどろもどろになってると、察したガイとジェイドが助け舟を出してくれて、うまくごまかしてナタリア一人を待たせておくことに成功。
 本当はルーク一人で行きたかった…んだが。
 ガイに左腕を固められ、ジェイドに右腕を固められ、そのまま連行されていくルーク…
  足 が 浮 い て る よ ! ! ! w
 捕まった宇宙人…!!か、かわいすぎるおまえ!
 相手は184cmと186cm…171cmだもんな、ルーク…かわいいよー!!(゚Д(○=(*´Д`*)=○)Д゚)

 捕まった宇宙人がナタリアパパにペンダントの中の絵を見せると、やっぱりナタリアだって。
 しかもそのペンダントを、ラルゴが持ってるのを見たことがあるってアニスが…うっわ、ラルゴっすか!!
 とりあえず真相を知ってる乳母が今はアスター邸にいるってんで、そこに行くことにしました。旅の譜術士がケセドニアにいるってごまかして。

 どっこい、本当にいたよケセドニアに!!
 しかもその譜術士の正体は…シンク!!
 やっぱ生きてたよ!
 死のうと思って地核に飛び込んだのに…死ねなかったんだな…
 どうやら新生ローレライ教団なんてものが発足してたらしい。
 今まで預言に頼ってて、さらにこの不安な状況に追い込まれた人々は、そりゃあ預言を詠んでくれるほうについてくよな。
 その頭に担がれてるのがモースで…利用されてるんだね。きっとこれもレプリカ計画の一環だ。
 止めようとするアニスに、シンクはイオンの真似をして高笑い…
 そりゃないよ。
 だって顔も声も同じなのに…
 アニスが落ち込んだのをいいことに、そのお守りをナタリアに任せて皆はアスター邸へ。
 こういうときのジェイドの堂々たる嘘っぷりは、見事です。
 乳母に会うと、ラルゴがナタリアの本当の父親だって確信がさらに強くなりました。
 ……顔が似なくてよかったな。
 今後のローレライ教団のこともあるから一旦ユリアシティのじいちゃんに報告に行くと、最近海中を第七音素を消費しなが巨大なものが動き回ってるらしい。怪しいな。
 じゃあそれを調べに行こうぜ!と外に出てみると、またもや目の前を漂っていく見知らぬ島が。
 ガイは見覚えはあるらしいそこに降り立ってみると…そこはかつてホドの対岸にあって津波に消えた、フェレス島というところらしい。
 あからさまに怪しいこの島を探索開始です。

 ひ、広い…!!
 統一された街並みの美観だかなんだか知らねーが、きさまのデザインのせいで似たような建物が連続する中をぐるぐる歩き回る羽目になったんじゃフェレスー!!
 それでもなんとか奥に進むと、どこからともなくすすり泣く声が…ぎゃー!!
 あ、アリエッタか。
 なーんだ…て、え、そういや決闘するんじゃなかったか!?でもまだ立会人から連絡もないし…と焦ったら、ここで戦闘はありませんでした。
 なんでここにアリエッタがいるかってーと、フェレスはアリエッタが生まれた場所なんだと教えてくれた。
 赤ちゃんの頃に津波に遭って、そのとき魔物に拾われたらしい。
 そのあとヴァンやオリジナルイオンに育てられて、レプリカの故郷フェレスを作ってもらえることを夢見ていたんだとか…ぬう。

 アリエッタが去ったあと建物の中に入ってみると、案の定フォミクリー施設が。
 機械を止めようとしていると、どこからともなくレプリカどもがぞろぞろと…中にはガイのお姉さんのレプリカまで。
 さてどうする!?
 そんなとき、いきなり振動が!何事!?
 外を見ると、海中からどでかいものが空へ浮上していくのが見えた。
 何あれ。
 レプリカ曰く、ホドだって。
 え?あの崩落したっていうホド?なんてこった!
 あれがレプリカ大地予定地なのね…
 ん?ホド浮上を見たレプリカたちが動揺してるよ。
 どうやら彼らはモースから、ホドに迎え入れてもらえると言われてたらしい。それなのに彼らを置いて浮上しちゃったから慌てたらしい。
 でもレムの塔とやらに行けば大丈夫とか言いながら、彼らはどっかへ行っちゃったよ…。

 さて、とにかくあのホドの様子を見に行きますか。
 ん?変な剣が突っ立ってるよ?さっきまでこんなのなかっ…あ、これソードダンサーか!
 じゃあ一回セーブしてから…と思ったのに、セーブする前に戦っちゃったよぎゃー!
 死ぬ気で勝て!!
 …そんなたいして苦労せず勝てました。
 今回のソードダンサー、たいして強くなかったなあ。

 さ、改めてホドへ。
 と思ったら、プラネットストームに阻まれて入れない。
 困ったなあ。とりあえずホドの資料があるっていうグランコクマにでも行ってみよう。
 グランコクマに着いたとき、魔人ブウから新生ローレライ発足のお知らせが全世界に放送された。うっわ、迷惑な。
 それやらあれやらの対応のため、ピオニー陛下たちと相談してマルクトとキムラスカとダアトで話し合うことに。

 キムラスカはむしろ発起人側だからいいとして、ユリアシティのじいちゃんに話に行かなくちゃね。
 イオン亡き今、ローレライのトップはティアのじいちゃんだから。
 …と、その前に。
 ラルゴが来たよ。何の用?
 アリエッタとの決闘?あ、なるほどあんたが立会人か。
 場所はチーグルの森…ライガママが殺された場所ね。

 決闘を申し込まれたのはアニスだけど、ライガママを殺したのはルークたちだし、向こうは魔物っていう友達と一緒に闘うんだからこっちだって同じように一緒に戦おう。
 それについてはアリエッタの方も問題なく、むしろライガママの仇として一緒に戦えと言ってきた。
 あ、アニスをPTに入れなくちゃいけないのか。そりゃそうだよな。
 えーと…じゃあ、ルーク、ジェイド、アニス、ナタリアで。
 ガイとルークで迷ったんだけどね。一応主役ってことで。
 アリエッタ戦は思ったより楽でした。
 でも…え、死んじゃうの!?
 そんな…でも大好きだった人はとっくの昔に死んでて、恩を感じてる相手には実は利用されてて…なんて一番辛い真実を知らないまま死んでしまったのは幸せなのかどうなのか…
 生きててほしかったなあ…



一歩戻る