その4

 バビログラードをうろついてたら、隙を突いてヒルダが酒を飲んでました。
 おかげで酒飲みの称号が。w

 酒飲み女を引きずって、やっとこシャオルーンのところへ。
 今度はヴェイグだ。
 とりあえず進もうとして、いきなり水の塊に激突してダメくらう奴。
 そしてなんでダメくらったかわからず、また水の固まりに突撃する阿呆。
 凍らせることに気づいたのは、だいぶHP削れたころでした。
 さらにPTにヒルダ入れてたんで、術が効かねー効かねー。w
 取り急ぎマオたんに交代し、フリーズチェック装備。

 でもって進んでいくと、ヴェイグも幻を。
 ヴェイグが見せられたのは、見た目アガーテなクレアと、見た目クレアなアガーテ。
 クレアはどっちだ?
 ということで悶々と悩みつづける。
 他の連中は静かに耐えてたのに、こいつはもー叫ぶ叫ぶ。w
 しかしヴェイグが冗談言ったからって、雨が降るかもとかいうクレア…
 そうか、昔からヴェイグは暗かったんだね…
 そりゃ、落日以前はギャグかましまくりのおちゃらけにいちゃんだったってのも怖いけど。

 そんな幻にもがきながら進んでくと、シャオルーンとご対面。
 ああ、本当に玉乗りクジラだ…つーか目を閉じるとロランを彷彿と…いやいや。
 でもって戦闘開始。
 またいつものようにアニーでグルグル使いしてるうちに、×ボタンを押せという表示が。
 押してみると、ティトアニ秘奥義発動でした。
 無事にシャオたんに勝ち、力を手に入れる。
 ついでに背中に乗せて飛んでくれるとか。
 わーい。
 早速遊びに行こう!!(ぇ
 次の聖獣の情報を求めて、フランツさんに会う。
 ヒルダと言えば…?
 お ば さ ん
 なんていい子のヴェイグには言えなかった。
 でもうっかり
 「 化 粧 か ? 」
 なんて言って、
 「厚化粧だって言いたいわけ!?」
 と怒られてしまいますた。w
 遊びながらも正解を答えると、同じものを持った人がモクラド村ってとこにいたらしい。
 じゃあそこ行ってみようぜ。

 そこは噂に聞いた、ヒューマとガジュマの夫婦たちがこっそり隠れ住んでる村でした。
 でもってそこにいたガジュマの占い師のナイラさんが、ヒルダのママだと判明!
 感動の再会も束の間、いきなり態度が豹変して邪険にしたかと思うと、ヒルダのカードを破いちゃった。

 わけがわからないまま様子を聞いて歩いてると、トーマ出現。
 そのトーマの姿を見て、身構えるヴェイグたち…
 が、その前に立ちはだかったのは、ナイラさん。
 なんとナイラさんの夫を殺し、娘をさらった犯人がトーマだと。
 娘って、ヒルダなんだから。
 なんとびっくりなのはヒルダ。
 だって捨てられてた自分をトーマが拾って育ててくれたと信じてたから。
 そしてナイラさんはトーマの攻撃から娘をかばって…
 目の前で母親を殺されたヒルダは、大激怒。
 今にもトーマをぶっ飛ばさん勢いで戦闘開始。
 さんざんボコった挙句、撃退。

 お母さんがいきなり邪険にしたのは、占いの結果、自分と同じカードを持つ者がこの村で命を落とすって出たから。
 このカード…と同じカードを持ってる娘が命を落とすかもしれない!?と思ったから。
 パパとママに愛されてたことを知ったヒルダは、ママの形見とともに聖獣がいるらしい聖殿の情報を得て、そこに向かう。

 雷ばしばしの聖殿で見たものは、自分の本当の過去。
 目鼻立ちがお母さんそっくりって、お父さん…娘はガジュマの顔かたちじゃないんですけど。w
 そして最後に戦う相手は、ヒルダ自身。
 自分自身を乗り越えるため、戦って…
 最後はスーパーサイヤ人になりました。w
 あの逆立ちっぷりはスーパーサイヤ人しかねーだろ。w
 見事光の力を手に入れ、次はユージーンだ。

 と、その前に、中身アガーテの様子が。
 自力でベルサスからカレギアまで戻りましたよこの人。w
 バイラスどもはどうしたんでしょう。
 いや、ユージーンが洞窟にこもってるときにこっそり抜け出したときも思ったんだけどさ。
 実はすげー強いんじゃねーかと。
 中身アガーテはサレの好意だかなんだかによってお城へ入れてもらい、そこで裏の真実を知ってしまいました。
 でもちょっと外の世界で揉まれて強くなった女王様。
 がんばる、と言ってまたどっか行っちゃいました…
 聖獣の情報を聞いてるうちに、アイフリードの地図を手に入れた。
 それを手がかりに、まずはお宝を引き上げてみました。
 そしたら中にはまた地図が。
 しょーがないので、それを頼りに探すうちに、サニィタウンに聖獣がいるくさいことが判明。
 てゆかこの島が聖獣の背中だったなんてそんなバカな!!w
 町の中に入ると、広場のど真ん中に入り口が!
 そして聖殿の中へ入っていくと…
 いきなり聖獣とご対面。
 あれ?w
 その場でユージーンはいろいろと試練を受けるのだが、まあ今までずっと思念の影響と戦ってたのが充分試練だったようで、あっさり力をいただけました。

 よし、これで全部そろったから浄化するぜ!
 聖獣の力が光となり、世界へ広がっていく。
 ユージーンの中にあった思念の影響も消えて、めでたしめでたし。
 てなわけで、外の様子を見に行こうと。
 そしたらいきなり、ヒューマ対ガジュマの騒動が!
 あれ?浄化できたんじゃないの?
 どうやら思念の影響で、心の底にあったヒューマ対ガジュマの積年の思いが呼び起こされちゃったらしい。
 これじゃ何の解決にもならないじゃん!
 聖獣たちのうそつきー。役立たずー。
 今度は別の手段を考えなくては…

 まずは世界を巡って、争いを止める旅。
 なんか水戸黄門みたいになってきますた。
 一方、中身アガーテもがんばりはじめたようで。
 何かクレアが言ってたようなことを言ってますよ。
 女王陛下が一介の村娘に感化された模様。w
 
 もーシャオルーンに乗ってるとしても、色んな街を巡るのがめんどくせーこと。
 あちこちで対立を仲裁したりなんだったり。地道すぎ。
 その間にも中身アガーテも努力してるんだけども、そうそうすぐにうまくいくもんでもない。

 そうした中、ヴェイグの様子がおかしい。
 ミナールに中身アガーテがいたんで来てみると、ここでも対立が。
 それを鎮圧しに来た兵士たちが中身クレアを見たとき、アガーテ様だ!と言って万歳三唱。
 その瞬間、鬱屈していたヴェイグが切れました。
 海岸へと走るヴェイグを追いかけてくと、待ち受けていたのは暴走ヴェイグ!
 止めるために戦って倒したものの、全員ひっくり返る。
 そういやその物語の主役を相手に戦うのって、シリーズ初か。よかった、クレスやリッドじゃなくて…。
 どうするよ、虚空蒼破斬とか極光剣とかやられたら…即死だっつーの。

 宿屋で寝てるヴェイグの側で、ヴェイグの苦しみの原因も暴走の理由も自分にあると察した中身クレアは、姿を消してしまいました。
 目覚めたヴェイグが慌てて中身クレアを単身追うが、途中の橋でミルハウストと遭遇。
 彼曰く、中身クレアは自分からミルハウストのところへ来たと言う。
 でもって、おまえの側に彼女の居場所はあるのか、と。
 そうか、OPでのバトルは、彼の優しさだったのね。
 とにかく鬼つえぇミルハウストにカットイン入りでぶっ倒され、ミナールへ逆戻り。
 そこには、中身アガーテがいました。
 とにかくぐじぐじ言いつづけるヴェイグに、妙に機嫌悪そうなティトレイが海岸へ来い、と。
 何だろうと行ってみると、何故か夕日を背景に殴られました。

 いてえなゴルァ!
 男二人で、夕日を背に海岸で殴りあい。w
 黙ってないで、辛いなら辛いと言えと、ティトレイ友情の鉄拳。
 ああ、やっぱおまえいい奴だよ…(;´Д⊂)

 一応最後に勝ったのはヴェイグなんだが、普通に考えりゃ、格闘専門のティトレイのが強いよな…
 ティトレイに諭され、声を上げて泣くヴェイグ。
 青春すぎます君ら。つーかGガンです。
 ♪ぶつかる〜ことで 深く結びつく友情 傷ついたことは無駄じゃなかったね〜♪

 波打ち際、夕日に向かって立ったとき、
 「海のバカヤロー!」
 とか
 「悲しいときー クレアがいないときー」
 とか勝手に脳内で音声が。

 さっぱりした翌朝、ヴェイグは中身アガーテを連れて、一度スールズへ戻ってクレアの両親に話をする決意を。
 スールズに戻ったご一行。
 一応両親を驚かせないために、中身アガーテはクレア本人てことで。

 家に帰ると、義理ではあってもさすが親で、ヴェイグが悩んでることに気づく。
 で、胸の内を話してみると、村の皆と昔のように話してごらん、と。
 つーかこの無口なヴェイグくんが、昔はご近所さんとおしゃべりなんかしたんですかね。

 外に出て向かったのは、ひきこもり継続中のポプラおばさんち。
 話してみると、思念の影響とはいえヒューマたちにひどいことを言ったことを悔やんでるんだとか。
 そんなところに、ヴェイグたちの家からおいしそうな香りが。
 なんだろうと家に戻ると、お母さんから教わってティトレイがピーチパイを焼いたらしい。
 おいしいことはおいしいが、ポプラおばさんにはかなわない。
 なんでかなーと悩んでると、ポプラおばさんがヴェイグちゃんのためにピーチパイを持ってきてくれた!
 やっぱおばさんのは激ウマ!
 じゃあこれを仲直りのきっかけにしようと、久しぶりにピーチパイパーティー開催。

 声をかけてまわると、何だかんだ言ってた村人も皆集まってくれた。
 そこで、クレアの演説を思い出す。
 おいしいって感じる心は、種族に関係ないでしょって。
 そしてヴェイグは吹っ切れた。
 明るく楽しい村に戻って、よかったよかった。
 つか、ピーチパイ食べたくなります。

 村を出ようとするヴェイグを見送りに来た両親は、いつか本当のことを話してね、と。
 え?
 さすが親、ここにいるクレアの中の人が別人だと気づいてました。
 本当にこの人たちはいい親です。
 クレアのような娘が育つわけでして。
 ちなみに、幼いヴェイグちゃんはどっかで見た剣玉小僧の服を着て、ピーチパイが大好きで、とんち話を読みまくってるお子様でした。
 …ぷ。( ´,_ゝ`)
 スールズから出たら、いきなり地鳴りが!
 何事かと、シャオルーンに乗って音の発生源を探す。
 …って、どこだよ!!
 世界中を飛び回り、何だか画面が激しく揺れるところをようやく発見。
 そこは、ラジルダでした。
 到着して間もなく、ラジルダがいきなり地に飲まれ、大地ごと海中に没してしまった!!
 こりゃ何事!?
 シャオルーン曰く、負の感情が高まりすぎて世界が無に帰そうとしているという。
 で、もともとヒューマとガジュマの中が悪かったラジルダが、早速消えてしまったんだそうだ。
 なんてこった。
 こりゃ喧嘩仲裁の旅なんてちんたらやってる場合じゃない。
 でも聖獣たちもどうしようもない。
 ほんに役立たず…w
 こうなったら、一度アガーテが復活させてそのあとヴェイグたちが倒した聖獣王ゲオルギアスを完全復活させて、負のエネルギーに対抗するしかない。
 で、ゲオルギアスの死体が獣王山にあるので、そこへ行こうと。

 …と、その前に。
 なんだかアイフリードの宝なんてものを思い出し、ついついサルベージ開始。
 マップの線の引き方がしばらく把握できず、さらに何でだか宝の近くに行くと、船が流される!
 光る点はすぐそこなのに…!
 で、うまく船を持ってってサルベージしても…

 イ カ 。
 もう一度…
 タ コ 。
 うるぁあっ!
 タ イ 。

 ………_| ̄|●|||

 さんざん海の幸を釣り上げながら、やっとこコツ発見。
 そうか、船の下の画面から光が消えた瞬間くらいにサルベージすればいいのな。
 おかげでフリーシップには魚介類が山ほどあるぜ。
 しばらく活け作り食い放題。
 でも宝箱を持ってくと、中には新たな暗号が。
 暗号解読はマウロに任せればよくて、おこぼれとして装備品やアイテムをもらいつづける。
 …ん?
 なんか釣りに夢中になってる間に、ゲオルギアス復活を阻止する動きがありますよ?
 ミルハウストも命令とあって仕方なく出動するらしい。
 お城に保護されてる中身クレアは、何か自分にできることはないかと悩んで…
 中身クレアが思い悩んでいる間、ヴェイグはせっせとサルベージを続け…

 やっと最後の箱!!
 中にあったのは、アイフリードの鏡!
 これを使うと、顔アップが見られると…
 え?くりおの鏡効果を期待してたのに。
 まあいいや、ステータス画面見てみよう。
 お、ティトレイかっこいい!
 ヒルダ怖い!w
 そして…アニーが変……orz
 ある意味、くりおの鏡。
 バルカの街の、博物館に立ち寄ったのが運の尽き。
 「オークションで落札してきてほしい。」
 「はい。」

 獣王山を目の前にしてキョグエンへ行き、オークションに参加。
 うわ、けっこう価格調整難しいな。
 すぐ予算オーバーしちゃうよ…
 ブッシュベイビーを無事予算内で落札!
 それを飾って調べると…マオたんが「かわいいもの好き」の称号を!
 どうやら落札したものに合わせて、それぞれ称号をもらえるらしい。
 よっしゃがんばるぜ!次はピピスタの織物っすね!?
 …あれ?誰も称号もらえないよ?
 なんとクレアのか!!いねーよ!!_| ̄|●
 しょーがないので、次を落札することに。
 キョグエンにラジルダからの避難民がいますよ?
 ああ、ラジルダ崩壊したんだっけね。



一歩戻る